お礼状と一緒にのし紙つきで相手のことも考えて選んだ結婚祝いのお返しを贈る

HOME>イチオシ情報>食べものや気軽に使用できる品物を選択することも

相手のことを考えて品物は選ぶこと

ギフトボックス

何を選ぶべきかにも気を付けたいのが、結婚祝いのお返しの品物です。ハサミや包丁などは切るものであり、薄いカップにガラス製品などは割れることが想像されます。お祝いのお返しですから、こうした縁起が良くないイメージを持つ種類は避けることです。ダイレクトに現金を贈ることを考えたとしても、金額がわかるため現金ではなく、相手が喜ぶ品物を選択するようにします。品選びは問題がないとしても、のし紙を付けないままで贈るのはよくないため、正式なのし紙を掛けることを忘れないことです。必ず相手のことを考えて渡すことであり、送る際には発送をすることをあらかじめ伝えておくと、再配達になることも避けられます。家族で暮らしているのか、一人暮らしであるかによっても、選ぶべき品物は異なるため、共に暮らす人がいるかも事前に確認をして品物を選ぶことです。

食品や飲料の消えものやカタログギフトも

その他

結婚祝いのお返しで選ばれる種類の中でも、人気が高いのは消えものです。洋菓子や和菓子などをはじめとしたスイーツをはじめ、種類も豊富な飲料水、日頃の調理にも大活躍の調味料などもあります。特徴は味わい楽しめて後に残らないこと、見ても口にしても幸せな気分になる上に、食べ物類は必ず胃袋へ入れますので、もらって困ることはありません。比較的保存期間が長めの、少し高級な紅茶やコーヒーも歓迎をされる種類です。日用品を選ぶこともできますから、例えばタオルであれば少しリッチな、オーガニック製品を選ぶなど特別感を出すことができます。品物選びで悩むようであれば、選択肢としてカタログギフトに決めるのも一案です。ページをめくれば多彩な商品が目に入りますので、本人が好みのものを自由に選ぶことができます。

広告募集中